ビカクシダ ヒリードラゴン①の生育記録 その11 貯水葉が黄色味かかってきました(`・ω・´)

ビカクシダ ヒリードラゴン①の生育記録 その11 貯水葉が黄色味かかってきました(`・ω・´)

 

どうもこんにちは!

本日はヒリードラゴンさんの生育記録でございます(=´∀`)

さっそく、見ていきましょう!

 

2021.4.25〜2021.5.7(12日間)の成長画像

2021.4.25撮影

 

2021.5.7撮影

相変わらずこの距離で見ても変化がよくわらかないですね(笑)

古い胞子葉に隠れて、向こう側では、新たな胞子葉が2枚育ってくれています( ´∀`)

 

ウチに来て約5ヶ月 2020.11.17〜2021.5.7の成長画像

 

2020.11.17撮影

 

 

2021.5.7撮影

ウチに来てくれてから、貯水葉が4枚出てきてくれて、胞子葉が7枚出てきてくれました(*´∀`*)

ウチに来たときの胞子葉はカイガラムシの被害により全て切り落としました(*´Д`*)

 

貯水葉が黄色味かかってきました(`・ω・´)

おそらく蒸れが引き金となって、このような結果になってしまったのだと思います_:(´ཀ`」 ∠):

今回の件により、蒸れにより、貯水葉の寿命を縮めてしまうことを身をもって学びました。

光量

AMATERAS LED 20Wの直下30cmのところで生活してくれています。

 

照射時間は12時間をタイマーで管理しています。

温度・湿度

温度は画像の温湿度計にあるように、

24.4〜25.4の間を行ったり来たりしています。

常時エアコンで、室温を管理しています。

 

湿度も画像の通り、

現在51%〜59%となっています。

 

また除湿機は60%設定で作動しております!

風量

小型のサーキュレーターが水苔直下から、常に当たっています。

現在は貯水葉が巻いてくれたので、コンポストが完全に乾くまで約2日程度かかっている印象です。

 

お部屋全体用のサーキュレーターは24時間作動しています。

ビカクシダ  ヒリードラゴン①さんの今後

板替えを視野に。

貯水葉がコンポストをほぼ覆ってくれたので、

まだ先の話となりますが、

貯水葉が茶色くなった段階で板替えを行おうと思います。

記事最後に一言

貯水葉に黒点を作ってしまったことが、まだ凹んでおります(`・ω・´)

今後、他の子たちも蒸れが起こらないように注視していきたいと思います( ´∀`)

 

それではまたっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です