ビカクシダ (コウモリラン)の水やりの方法を解説します!

ビカクシダ (コウモリラン)の水やりの方法を解説します!

 

こんにちは!Naskyと申します。

 

本記事では、ビカクシダ の水やりの方法について記載します。

ビカクシダ (コウモリラン)の水やりの方法ってどんな種類があるんだろう?

どうやって水をあげれば枯れずに育成できるのだろう?

こういった疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

 

本記事を最後まで読んでいただければ、水やりの方法、

そして、枯れる原因が水やりでは無くなります。

 

是非参考になさってくださいね!

それでは参りましょう!

 

※本記事はビカクシダ を板付して育成していることを前提でお話をしております。予めご了承ください。

水やりの方法

 

水を貯めて株ごとドボン

まずはバケツを用意します。

バケツの大きさは、胞子葉がバケツに接触しない大きさのものを用意すると良いでしょう。

 

バケツに水(またはお湯)をたっぷり入れてます。

 

そして、バケツの中に板ごとビカクシダ を漬け込みます。

 

この時、コンポスト(水苔)から泡がたくさん出てきます。

泡が出なくなるまで、しっかりと漬けてあげましょう。

 

たまに、何時間も漬け込まれる方がいますが、私は泡が出なくなったら、そこで終わりにしています。

 

シャワーでジャバジャバ

ビカクシダ のコンポスト(水苔)に向けて、シャワーを当てます。

 

この時、コンポスト(水苔)が乾いていれば乾いているほど水を弾いてしまい

なかなか水が浸透しないので、長めにシャワーを当ててあげてください。

 

コンポスト(水苔)のサイズにもよりますが、5分〜10分程度当て続ければ、間違いないのかなと思います。

 

また、バケツドボンでMAX付け込んだ重さを感覚で覚えておいて、その重さになるまで、シャワーをしてあげると、水が不足するということは無くなると思いますよ。

 

霧吹きでシュッシュ

これは、水やりというより、葉っぱの周りの湿度調整や空気を動かすという感覚で私は行っております。

 

お部屋の湿度が低めだな?

 

空気が動きづらい場所にいるから、葉っぱ周りの空気を動かしてあげよう。

という時に行っています。

 

霧吹きだけで、ビカクシダ が健全に育つとは、思わないでくださいね。

 

水やりの間隔

あくまで私が管理している方法ですので、

各々の環境や仕立て方で間隔は変わってくると思います。

ただ、この育て方で生育記録記事のようなビカクシダ 達が育っているということは間違いありません。

 

1日でカピカピに乾く場合

乾燥している場所や風がものすごく当たる場所では

1日でカピカピにになる場合もあるでしょう。

 

私の場合、この状態の株には、毎日水やりを行っております。

 

3日程度で乾く場合

乾いたなと思うまで、3日程度かかっている場合は、

ゆっくり乾いているので、この段階では、まだコンポスト(水苔)の中までは乾いていないと判断をし、

乾いたなと感じてからもう1日待ってからみずやりをすると良いでしょう。

根腐れが心配であれば、2日待ってから水やりを行うとさらに安心ですね。

 

乾くのに3日以上かかる場合

この状態の環境だと、根腐れを起こすな可能性が非常に高くなってくるので、環境を見直しましょう。

 

経験上乾くのが遅い原因は風通しと日照不足です。

風通しの良い場所、または日当たりの良い場所に移動してあげるのがベストだと思います。

 

水やりに使う 水の温度

私の場合、年間を通して、室温は大体24℃〜28℃で、水やりの水温は大体30℃ぐらいに設定してあげています。

給湯器を使い、水温は設定します。

 

液体肥料、活性剤の使用頻度

植物活力素メネデールメネデール芝肥料を1000倍希釈で毎回与えています。

 

とにかく根張りを良くしてもらいたいという気持ちから、この2つを与えております。

 

植物活力素メネデールは毎回与えており、

メネデール芝肥料は4回に一回ぐらいのペース、

メネデール芝肥料を与えた次の水やりでは、リフレッシュのために水のみで行います。

 

我が家の生育環境

 

室温 24℃〜27℃(常時エアコン)

湿度 50%〜70%(常時 除加湿器)

24時間 サーキュレーター

照明 12時間照射

 

まとめ

いかがでしたか?

参考になったでしょうか?

 

基本的な水やり方法でしたが、

ビカクシダ を育てる環境はひとそれぞれ違います。

 

しっかりビカクシダ と向き合ってあげて、

今はどういう気持ちかな?と、

ビカクシダ の気持ちになって考えてあげることができれば、皆、健康に育ってくれるはずです。

 

皆様のビカクシダ ライフが充実するよう、私も楽しみながら、発信をしますので、これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です